「NHK番組改編問題」朝日新聞の報告について、ちょっとだけ。

| トラックバック(0)

 例の「NHK番組改編問題」について、朝日新聞が7月25日付でまとめ記事を出しました。この問題にかつて言及した者として、一応それについてちょっとだけ。

NHK番組改変問題、改めて報告します from 朝日新聞 2005.7.25
NHK番組改変問題1―読者の皆様へ from 朝日新聞 2005.7.25
NHK番組改変問題2―取材の総括 from 朝日新聞 2005.7.25
NHK番組改変問題3―検証・番組改変の経緯 from 朝日新聞 2005.7.25
NHK番組改変問題4―NHKの見解 政治家の指示ない from 朝日新聞 2005.7.25
NHK番組改変問題5―当時の取材 松尾武元放送総局長 from 朝日新聞 2005.7.25
NHK番組改変問題6―当時の取材 中川昭一議員 from 朝日新聞 2005.7.25
NHK番組改変問題7―当時の取材 安倍晋三議員 from 朝日新聞 2005.7.25
NHK番組改変問題8―取材・報道への指摘について from 朝日新聞 2005.7.25
「圧力による改変ない」 本紙報道にNHKが反論会見 from 朝日新聞 2005.7.25
安倍・中川両氏、本紙報道にそれぞれ反論 from 朝日新聞 2005.7.25
朝日新聞の主張 裏付けなし from NHKオンライン 2005.7.25

 ああ、リンクを貼るだけで疲れた(沈)。
 詳細は上記リンクを読んでいただくほうがいいと思うので、一通り読んだ感想だけを。

 1月の報道の時より詳しい内容になっているが、全体の筋道としてはほぼ変わらず。この問題の本質である「事前に」「個別番組に対し」「権力側(の一員)が」「意見を述べた」という、放送法に抵触するかどうかを判断する点について、朝日は何ら主張を変えておらず、かつその指摘された点について、安倍氏は現時点でも見解を変えていない(同氏サイトには、最新のコメントはまだ掲載されていないようだが、当時出された見解がまだ掲載されている)ので、私も1月の時点で提示した考えを変える必要はないと考えています。
 中川氏・松尾氏の件に関しては、当初「取材で言った」とされることを「事実と違う」との主張を変えていないが、朝日側は1月とほぼ同じ内容の報道をしており、この点では事実関係を争うつもりなのだろうと思うが、同じ内容を掲載したということは、この内容には自信なり裏づけなりがあるのだろうと推察しています。

 まあ、朝日新聞はいろいろ調査して同じ内容の主張を再び出し、安倍氏らは「反論になっていない」という構図は今回も同じ。安倍氏らは「事実が違う」のなら、ごちゃごちゃ言わずに法廷に持ち込めばいいのに(実際「そうするぞ」と言っていたし)、何でしないのかなあ、という疑問だけがまた残されました、という感じです。
 両者があらそっている事柄が、全体として重要なこと(放送法に抵触するか否か)にほとんど関係がない以上、朝日と安倍氏・中川氏・NHKの「対決」なんぞに付き合う意味はあまり見いだせません。ということで、この件(朝日×NHK)については、よほど重大な事実が明らかにでもならない限り、もう触れるつもりはありません。

 なお、このエントリーについては、コメントは不要です。トラックバックも、私が意味なしと判断したものは無視し、然るべき処置をします。「朝日の捏造」などというつまらんネタにつきあうつもりは毛頭ありませんので、あしからず。

 ほんとは、もっと書きたいことが他にいくらでもあるのですが、このところどうも筆がうまく進みません。とはいえ、あわてる話でもないので、ぼちぼちやっていくつもりです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.officemh.com/mt/mt-tb.cgi/142

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.1.2

SORAMIMI on the tumblr.

powerd by tumblr.com