国際関係の最近のブログ記事

 結局、日本の核武装論なぞをぶち上げたところで、それは自己実現の(もしくはキャラを立てる)ためのツールに過ぎないのだなと改めて思ったのが正直なところ>この方に限らず、この手のことを言う人たちの共通点として。
 悪いけど、そうやって騒げば騒ぐほど、損するのは我が日本で、得するのは「にっくき北朝鮮」だということをお忘れなく。きっと、どうしてそうなるのか、なかなか理解できないだろうけど。

 それにしても、前のエントリーを上げてから、何も音沙汰がなかったのでどうしたのかなと思ってたけど、速攻でお返事いただいてたんですね。だったら、トラックバックのひとつぐらい送ってくれてもいいものを。だってせっかく書いたのでしょう。そうやってエネルギーを使ったこと、もったいないと思わないのかなぁ。それとも、実は強がる演技だけで、そんなに思い入れはないのかな? まあ、なんでもいいけど。

 終戦記念日に、核をテーマにNHKで放映された討論番組「日本の、これから」を見た感想を述べたエントリーに、コメントをいただいた。そのコメントへの返答として、このエントリーを起こす。

 私が書いたそのエントリーは、核廃絶を実現するには、その意志を表明し、武力に寄らない行動を起こすところからしか始まらないという趣旨だ。それについて「既に手遅れだ」というコメントをいただいた。この方は、自身の主張を上げた自らのブログのリンクも張っていただいたので、それも読ませていただいた。この方の主張は、北朝鮮のみならず世界の主要国、中立国さえ核に手を染めている、日本も核武装しないと、そういう世界の諸国と渡り合えないという内容だと理解した。

 基本的に、私とこの方との意見の違いは、現状の世界情勢をどう認識しているかの差から始まっていると感じた。とはいえ、世界の諸国が何らかの形で核に関わっているという認識は私も持っている。意図的ではないにせよ、結果として日本だって核に関わっている可能性があるというのが私の認識だ。その点については違和感はない。

 しかし、だから「既に手遅れだ」というのがよく分からない。何を根拠にそう判断されているのかが分からない。そのあたりをもっと説明してくれると助かるのだが。このことについてよく「手遅れだ」という人は他にもいるが、何を根拠にそう言っているのか、いくら聞いてもはっきりしないので。

 NHKは、この夏の戦争関連の番組を多数放送(再放送も含む)していて、非常に重宝している。かつて見逃してしまって、二度と見られないとあきらめていた番組を含まれていて、毎日何かを録画してはディスクに焼く作業をしている。問題は、そうやって録り貯めた番組をいつ観るかということなのだが。

 そんな私が、当初は気にもしていなかった番組がある。8/15夜放送のNHK総合「日本の、これから、」という討論番組である。今回のテーマは「核」。核廃絶は可能かどうか、市民が討論するものだが、どうせろくなものにならないと無視を決めてかかっていた。
 それがどういう気持ちの変化か、ちょっと観てみようと思ってテレビをつけた。どういうつもりか自分でもよく分からないが、オバマ大統領が核廃絶宣言をし、にわかに核兵器問題がクローズアップされている今、なにか変化があるのではないかという淡い期待もあった。

 一昨日のロンドンのテロ、さっそくというか何というか「アルカイダ系の特徴」東京新聞 2005.7.8夕刊)などという話になっているようです。「アルカイダ」もずいぶん便利に使われるようになったものだとつい思ってしまう私はやっぱり変ですかね。でも、「アルカイダ」を仄めかしておけばなんでもオッケーみたいに考えているフシがあるのを、サミット首脳やらメディアなどやらにどうしても感じてしまうのですが・・・。

 本日(というか昨日)、ふらっと立ち寄った会社近くの本屋で購入。途中まで読んだが、非常に面白い。
 「在日」という立場から、先の大戦での日本の敗北から始まる日本と朝鮮半島を巡る歴史の変動を書いているが、時々の国際情勢を踏まえながら、日本と韓国・北朝鮮が戦後どのような歩みを進めてきたかを、コンパクトかつ丁寧に書いている。日本と朝鮮半島を巡る戦後の歴史について、あまりに知らないことが多いことに改めて気付かされる。
 たとえば日韓基本条約がどのような経緯を経て締結されたのか、当時の国際情勢も交えて書いてあるが、日本側の事情、韓国側の事情、アメリカの思惑など興味深い事項に触れてあったりしていろいろ考えさせられる。これを読むと、たとえ日本の戦争被害についての個人補償は日韓基本条約で決着済みであったにしても、そうなった経緯には実にいろいろな思惑なり事情があって、単純に「済んだ問題」とは言い切れなくなる。いろいろ教えられる本だ。参考文献をたどっていけば、より深く知識を広げていけると思う。

 「在日 ふたつの祖国への思い」姜尚中著 講談社+α新書 800円 ISBN4-06-272306-9

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.3

このアーカイブについて

Category : 国際関係

Prev :
経済

Next :
社会

トップページ
アーカイブ

SORAMIMI on the tumblr.

powerd by tumblr.com