2009年7月アーカイブ

 今も昔も、国民の要求はいろいろあって多様だったと思うが、政治に反映されてきたのは、多数を握ってきた保守勢力の議員が取り上げた要求が大半であったと思っている。本来なら、主権者たる国民の要求は政治に反映されるべきものであろうが、多数を占める保守系議員の「判断」によって、時期尚早・状況に合わないなどと断じられた要求はいかほどあったろうか。そういう議員の判断によって、長年にわたり国民の要求は「集約」され続けてきたと言える。

 しかし近年は、支持政党なし層(無党派層)が大きく増えている中で、議員の判断による要求の集約からこぼれ落ちる「要求」は、飛躍的に増えていると感じている。それを意識してか知らずか、曲がりなりにも国民の意見をどう反映させていくかの議論も多少なりとも目にすることもあるが、根本的な改善につながるとは思えないものが多数ある。

 たとえば議員定数の問題だ。

 ほぼ1年10カ月ぶりの更新となります。気がつけばずいぶん更新しなかったものだなあと、思わず過去にアップした記事を眺めてみたりしてしまいました。
 久しぶりと言いつつ5月にアップしているじゃないかと思われるかもしれませんが、これはtumblrというミニブログに投稿した記事をこちらにもアップしただけなので、オリジナルの記事は、1年10カ月前の9・11ということになります。

 さて、昨日7月12日投開票の東京都議選。民主躍進、自民惨敗与党過半数割れという様相になりましたが、民主を「野党」とみるのは、はっきり言って相当ヌルい見方だなと思う私にとっては、石原知事与党が127議席中114議席に増えた(13日0時20分現在=残議席1)というようにしか見えないのであります。

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.1.2

このアーカイブについて

このページには、2009年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

Prev :
2009年5月

Next :
2009年8月

トップページ
アーカイブ

SORAMIMI on the tumblr.

powerd by tumblr.com