『やっぱり自民党がいいんだ』とは全く思わないのだけど

| トラックバック(0)

本土メディアの論調に違和感を抱く沖縄の声 from 永田町異聞

 鳩山政権の功績としては、これまで表に出てこなかった事柄をある程度見えるところへ引き出してきたところにある。沖縄・普天間基地問題がその最たるもので、これまで全くといっていいほど出てこなかったことが、首相をはじめ政府関係者から直接語られたことがあっただろうかと思う。

 確かに、昨年の衆議院選の「県外、国外」公約から5月の「辺野古」案回帰まで、その経過を見てそのあまりのグダグダぶりに「こりゃダメだ」と思うことがしばしばあった。
 「辺野古」案への回帰それ自体は、自ら公約として語ったことを、ほぼ反故にするという点で、全く評価できない。ただ、米軍基地問題をこの国全体の問題として否応なくクローズアップしたことは、歴代の自民党政権にはなかった功績だと思う。

 だから、私は鳩山政権はダメだとは思うが、現時点で退陣をもとめるつもりはない。上に上げた功績については、歴代自民党政権に比べればはるかにマシな成果だからだ。この点だけみても、自民党(及び公明党やその類似政党)への政権復帰は真っ平ごめんである。

 実は昨日、上記リンク先の記事とほぼ同じ趣旨のことをカミさんから言われた。私が、首相が沖縄を再訪して「辺野古移設案」を提示して謝罪したというニュースをみて、「やっぱり鳩山政権はダメだ」とぼやいたときに、である。曰く「その言い方では、やっぱり自民党政権がいいのか、と聞こえてしまう」と。
 カミさん曰く「普天間問題なんてそう簡単に決着が着く話じゃないでしょ。でも首相はまじめに現地へ行ってそのことについて話そうとしている。自民党がそんなコトするわけないじゃない。そこはちゃんと評価すると言わないと。世の中には『鳩山ダメ』というと『やっぱり自民党がいいんだ』と思ってしまうアホな人間が多い。あなたはそれでいいの?」とのこと。
 私は、自民党に戻るのがいいなどとは一片たりとも思っていないし、現時点で退陣させたって仕方ないし、でも批判すべきはしなきゃと思っているよといったが、彼女は世間はそう思っていない、実際周りには、「やっぱり自民党なのかな」と言い始めている人がいるという。そういうことを考えないで批判ばかりするからダメなのよ、と一喝されてしまった。

 うーん、たしかにごもっとも、としか言いようがない。そういう自分も、政治が少しずつでもオープンになって、国内がゴタゴタしたほうが、これまでよりよほどマシと思っていたし、事実その通りになってきているのだから、この政治状況は前向きに捉える面があるとも思う。現時点でほぼ実現不可能な「辺野古移設」案は批判しつつ、情勢についてはもう少し冷静に考える必要があると思っている。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.officemh.com/mt5/mt-tb.cgi/254

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 5.2.3

SORAMIMI on the tumblr.

powerd by tumblr.com