ちょっと待て小泉首相! 「多国籍軍参加」とはどーいう事だい!!

| トラックバック(1)

首相、多国籍軍参加を表明 日米首脳会談 from 東京新聞 2004.6.9

 まったく、このヒトの頭の中はどーなっているのか。カチ割って確かめてみたい気分だ。
 「議論」さえしないで、あからさまにブッシュのご機嫌取りをするとは、男芸者も極まれり、である。

 すでにCPAから「連合国」の一員として見なされている自衛隊は、いくら解釈しようと事実上「多国籍軍」に既に参加しているようなものである。いまさら「独立した指揮権の確保」などと言ったところで、既に武器弾薬・要員等の輸送支援までしているのだから、実態は「多国籍軍」と見なされてもおかしくない。詭弁もいいところだ。「軍隊の後方支援」という軍事支援を行っておきながら、「武器を使用しなければ武力行使に当たらない」という説明が通用するとでも思っているのか。国連の決議が採択されたからって、憲法との兼ね合い、百歩譲ってイラク特措法との兼ね合いから議論がなされて然るべき課題のはずだ。

 ちなみにこのヒト、自衛隊の海外派遣について過去に何を言っていたか。はなゆーさんのところで紹介されている記事が興味深い。

 変われば変わるものである。というか、ここまで無節操に変われるものか、と嘆息してしまう。
 前にも書いた記憶があるが、こんな奴(政府与党を含む)をいつまで政権につかせているのか。本当にさっさと引きずりおろさないと、とんでもないことになる。

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://www.officemh.com/mt/mt-tb.cgi/63

国連安全保障理事会で8日に採択された決議1546を読んでみました。多国籍軍(multinational force)の役割は安全と安定の確保(maintenance of security and stability)であり、統一の指揮系統(unified command)を持つと書いてあります。 本文の第15段落が文法的にちょ... 続きを読む

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.1.2

SORAMIMI on the tumblr.

powerd by tumblr.com