「9.11トリック─「テロ」は起きなかった」という話を裏付ける? 米国、大量破壊兵器の発見断念

| コメント(3)

9.11トリック─「テロ」は起きなかった | ファイナル・アンサー from ジェラス・ゲイ | 江原 元のページ

 既に知っている人も少なくないと思われるが、3年前の「9.11テロ」が、「CIAとモサドによって緻密に遂行された『自作自演のテロ偽装工作』」であることを論証するサイトがある。五十嵐仁の転成仁語(五十嵐仁法政大学教授の個人サイト)を読んでいて、このサイトを知り、私も読んでみた。
 膨大な量ながら、「9.11のトリック」を詳細に検証しており、その内容は実に衝撃的だ。あの「事件」に関してはまだまだ知らない事が多いと思っていたが、そんな印象をはるかに上まわる内容にすごいインパクトを感じた。読んでいない方はとにかく一読をお薦めする。
 これが9.11の真実なら、あの事件やそれに連なる戦争・紛争などでなくなった人々の命は何だったのだろう。

 折しもアメリカのパウエル国務長官は、イラクでの大量破壊兵器の発見を断念することを表明(『大量破壊兵器はもう見つからぬ』米国務長官が断念 from 東京新聞 2004.9.14)した。第2次イラク戦争が偽りの理由ではじめられたことがここに確定した。
 大量破壊兵器の発見断念。これは、9.11がアメリカとイスラエルの自作自演であったとする説を裏付ける事柄のひとつになるのではなかろうか。

コメント(3)

うめチキです。

興味深い読み物でした。
ここまで詳細な分析は初めて見ました。
真実味があります。
陰謀史観は好きではないのですが、リンク先の内容が本当だとすれば、現代はまさに陰謀が世界を動かしています。
偶然に見えることも全て必然。
恐ろしい世界です。

読みました。
ステルス巡航ミサイルが映りこんでいるのがたまりませんね。
つっこんだ筈の旅客機は実際には欠航していたということですが、あのとき乗客の追悼は、行われなかったんでしたっけ。ペンシルバニアの墜落機だけだったのかな?
それが気になっていたんですが、あったような気がしていただけだったのかしら?

 うめチキさん、まきこさん、こんにちは。

 9.11を切っ掛けにアメリカは戦争を始めましたが、それで利益をあげたのは誰なのか、ということにつきますね。その視点から物事を見ないと、いつまでも隠された事がみえてこないのでしょうね。

 それにしても、WTCに突っ込んだはずの旅客機の乗客の追悼は行われたかどうか、私も記憶は定かではありません。ペンシルバニアに墜落した飛行機の「英雄談」はしきりに強調されていたのは覚えていますが、そういえばWTCの飛行機はどうだったか、意識してなかったように思います。どうやら私も意識をそらされていたようです。
 う?ん、情報をきちんと読みこなすのはなかなか難しいですね。もっと鍛えなきゃ。

コメントする

アーカイブ

OpenID対応しています OpenIDについて
Powered by Movable Type 7.1.2

SORAMIMI on the tumblr.

powerd by tumblr.com